ワキガと多汗症の関係「ワキガ=多汗症とは限らない」

      2017/02/07

ワキガと多汗症の関係性
だんだん暑くなってくると気になりだすのが汗についての悩みです。汗は体が出す老廃物で、洋服の一部が異常に濡れて汚れてしまったり、臭いを放ってしまったりするもので、あまり歓迎されるものではありません。

その汗に関する悩みの大元となっているのがワキガと多汗症です。

今回は、ワキガと多汗症の関係についてご紹介します。

ワキガと多汗症とは

多汗症とワキガ
日本人ではワキガや多汗症を発症する割合は低いといわれていますが、諸外国の人に比べて日本人はそもそも臭いや汗の量が少ない人種です。

それゆえいくらワキガや多汗症の発症率が低いといわれても、少しの汗や臭いでも気にする人は多く汗についての悩みを抱えている人は非常に多いのが実際のところになります。

しかしワキガと多汗症について詳しく知っている人は少なく、ただ汗が多いだけ、ただ汗が臭うだけと勘違いしている人もいます。

ワキガの人は多汗症も発症していると思っている人も多く、多汗症とワキガには関連性があると考えている人もいます。では実際にワキガと多汗症には関係性があるのでしょうか。

ワキガは多汗症とは違う!汗の臭いも異なる

汗の臭いが気になる女性
まずここでしっかりと知っておいてほしいのが、ワキガはただの汗の臭いではないということです。

確かにワキガも汗が原因となる臭いのことを指しますが、そもそもの成分や原理が違います。

一般的によく言われる「汗臭い」汗の臭いは、気温が高いときや運動をして体温が上がった時などに出る汗によるもので、その汗は体全体でかくものです。

普通の汗はエクリン汗腺と言われる汗を分泌する腺から噴き出し99%水分で出来ています。ご存知の通り、通常の水であれば臭いはないのが一般的です。

その証拠にエクリン汗腺から出た汗を噴出直後に嗅いでみると臭いはほとんどありません。しかしその汗を放置しておくことで、残り1%に含まれる塩分やミネラル、乳酸菌などをエサとする細菌が活発に活動することで次第に臭いを放つようになり、「汗臭い」臭いを放つようになります。

多汗症はエクリン汗腺からの汗

多汗症はエクリン汗腺からの汗
まず、多汗症のことを代謝がいいから汗をかきやすいと思っている人も多いかと思いますが、多汗症は一般的に言われる「汗かき」とは異なるものです。

多汗症も汗かきもどちらも大量に汗をかくことに違いはありませんが、汗かきは気温が暑いときや運動をして体温が上がった時などに体が熱のこもった体温を下げるために体温を調節しようと大量を汗をかくのに対し、多汗症は何らかの疾患によって体温調整とは関係なく汗をかく病気です。

多汗症を発症してしまう原因には結核や更年期障害などの何らかの疾患やホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れ、ストレスなどが関係していると考えられています。多汗症には全身で汗をかく全身性多汗症と脇の下や手のひら、足の裏、頭部などの体の一部で汗をかく局所性多汗症の2種類があります。

どちらの多汗症も汗を分泌するエクリン汗腺から噴出するものですが、分泌する汗の量は人によって個人差があるのが特徴です。

多汗症はエクリン汗腺からの汗が何らかの疾患によって汗が一度に大量にでてしまうことを言います。

ワキガはアポクリン汗腺からの汗

ワキガはアポクリン汗腺からでる汗
ワキガは汗を放置しておくことで放たれる臭いとは異なるもので、脇の下や耳の裏、陰部などに多く発達しているアポクリン汗腺と言われる汗を分泌する腺から出る汗によるものです。

アポクリン汗腺はよく「フェロモン」という言葉で使われることがありますが、異性を惹きつけるときに使用されるもので、そのため普段は隠れている部分に多く分布していると考えられています。アポクリン汗腺から分泌される汗は乳白色をしており、脂質やタンパク質などを多く含んだ独特のものです。

脂質やタンパク質は体に常駐する細菌が好むエサで、この汗は体から噴出した時点で臭いがするので、少量の汗であっても臭いを放つ特徴があります。

一般的な「汗臭い」臭いとは全く違い、特有の臭いを持っているのでワキガかどうかはワキガの臭いを知っている人であればすぐに判断がつきます。

アポクリン汗腺とエクリン汗腺の関係

アポクリン汗腺とエクリン汗腺
ワキガと多汗症についてご説明したところで、体にある汗を分泌する汗腺には種類があることがお分かりいただけたと思います。

臭いを放つワキガの汗を分泌しているアポクリン汗腺、大量に汗をかく多汗症の汗を分泌しているエクリン汗腺。ではこの2つの汗腺はそれぞれに関係しあっているのでしょうか。

まず、エクリン汗腺は全身に分布している汗腺で、その数は少ない人で200万個、多い人で500万個、平均して350万個あるといわれています。

それに対してアポクリン汗腺は体全体に分布してあるわけではなく、体の中でも頭部、脇の下、耳の裏、陰部などに集中して存在しています。

それぞれの汗腺は全く別物で、エクリン汗腺が多いからと言ってアポクリン汗腺も多いというわけではなく、その数は遺伝により左右されるといわれています。つまり、ワキガだからと言って多汗症も発症しているわけではないということです。

しかし、多汗症とワキガが同時に併発することもありますし、どちらか一方だけ発症することもあります。

要するに

  • ワキガ=多汗症
  • 多汗症=ワキガ

という方程式は成り立たず、多汗症やワキガは遺伝や個人の体質によって決まるということになります。

人気記事BEST5

1
ワキガ対策クリームランキング【2017年】

私が実際に使った商品の中で一番「ワキガ臭」を抑えることのできたワキガ対策クリーム ...

2
クリアネオとノアンデを比較!

クリアネオとノアンデは現在もっとも人気のあるデオドラントクリーム。 どちらの商品 ...

3
クリアネオの効果や口コミを徹底検証!

現在大人気となってるワキガ対策クリーム「クリアネオ」を実際に購入してワキガ重度で ...

4
ノアンデの効果と私の口コミ!すそわきがにも使ってみた!

ワキガやすそわきがに悩む私が、ノアンデを実際に使って感じた消臭効果や使用感を紹介 ...

5
デオシークの効果が凄い!ワキガに使った口コミ体験談

2017年4月に新発売された体ワキガ対策クリーム「デオシーク」を実際に購入して使 ...

 - ワキガと多汗症