ワキガや多汗症は漢方で対策可能?

      2017/02/07

ワキガや多汗症に漢方薬が効果的
最近再注目を集めているのが日本に昔から伝わる漢方薬。漢方薬ブームと言われるほど昨今では人気が高まっていますが、実はこの漢方がワキガや多汗症にも効果があることをご存知でしょうか?

漢方は自然界に存在する薬草や生薬などの天然成分を使用したもので、副作用が少ないと言われています。

天然成分からワキガの臭いや多汗症の汗の量が軽減され、症状が軽くなるのであれば嬉しいことですよね。今回はワキガや多汗症に効果的な漢方薬についてご紹介します!

ワキガや多汗症対策に漢方が効果的だとされる理由

ワキガや多汗症には漢方薬がいる
現代の非常に優れた科学技術がそれでもなお一層進化を遂げている中、なぜ昔から使用されている漢方薬がこんなにも注目を集めているのでしょうか。

漢方薬の歴史は2000年以上前と言われているほど非常に長いものです。

よく漢方薬と混同して考えられてしまうのが民間療法、民間治療などですが、民間療法や民間治療がその土地の言い伝えや根拠のない治療法などから成り立ったものに対し、漢方はその道の研究をつづける人が自らの体をもって治験してきた薬です。

薬によってはかなり効き目が高いものもあり、専門知識がないと使用できないことからなかなか庶民の間で広がらなかったため、いつしか「古い昔の効かない薬」などと考えられてしまうようになりました。

漢方薬と西洋薬(一般的な薬)の違いは?

漢方薬は自然界のもので効果がある
漢方薬は科学的な西洋薬と違い即効性はあまり期待できないものの、西洋薬のように病気の原因を追究して薬を飲むのではなく、病気の症状に合わせて薬を服用することができます。

また漢方薬は副作用が少なく自然界にあるものからできているため体にも優しいとされています。

ワキガはその発症原因が主に遺伝によるものですが、多汗症の場合は発症原因がほとんど特定できることがありません。

多汗症の原因としてはストレスや疾患、生活習慣の乱れ、ホルモン異常など何らかの原因で交感神経が失調してしまうことで多汗症を発症するようになります。何が原因で多汗症を発症してしまったのかを追求できればいいですが、なかなか原因を追求できない以上、多汗症の症状から治療を行うしかありません。

そうなると西洋薬よりも漢方薬が効果を発揮するようになります。

多汗症に効く漢方とは?

ワキガや多汗症に効く漢方
漢方の効果が発揮されやすいのが多汗症です。多汗症の原因は特定が難しく、治療には漢方が向いているとされています。どういった時に発汗があるのかによって漢方の種類などを変え治療を行っていきます。

多汗症治療で主に使用される漢方は以下になります。

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

多汗症の治療で最も用いられる漢方薬です。神経過敏からくる多汗症に効果的で、特に更年期障害に伴う多汗症や自律神経失調症などによる多汗症に効果があります。柴胡桂枝乾姜湯は炎 症を鎮め、心身の疲れを取り除き、神経の過敏状態を改善する効果があります。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

補中益気湯は体の巡りを整え、胃腸の働きを高める作用がある薬です。胃腸が正常に働きだすことで、体の隅々に水分や栄養が届くようになり、循環機能が高くなります。そうするとホルモンの乱れや神経の乱れが整うようになり、汗の量が正常に機能するようになります。

ワキガに効く漢方とは?

体内の水分でワキガを治療
ワキガの場合、その発症原因が遺伝によるものがほとんどなのでなかなか特効薬がないとされています。手術をしても再発することが多く、一生付き合わなければならない病気だともされています。

しかし、長期に渡って症状が出るのであれば治療も同じように長期に渡って行うことが重要になります。

漢方によるワキガ対策では臭いそのものを消すことに注目するのではなく、体の中の水分の巡りに注目し、発汗の異常を整えていく治療が主になります。

また体が酸性になることでワキガのもとであるアポクリン汗腺が増加するということもあり、アポクリン汗腺が増加しないような作用を持っ た漢方が用いられます。

そこで使用されるのが以下のような漢方薬です。

黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)

漢方でのワキガ対策として最もよく使用される漢方薬です。

汗の分泌量を調整してくれる効果があり、皮膚の状態を整えてくれる薬とされています。寝汗などをかく場合によく処方される薬で、体への副作用がなく小児でも使用できる薬です。

防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)

この漢方もワキガの治療薬としてよく用いられる薬です。消化吸収を促進しながら不要になった水分を排泄し、全身機能を高めてくれる効果があります。体の機能が鈍くなり、体の中に余分な水分や老廃物がたまるようになると、それだけで循環機能が低下し、皮脂の多い汗をかくようになります。

体の中の循環を整え、余分なものをきちんと出すことでアポクリン汗腺から分泌される汗の量を減らすことができ臭いを軽減できるようになります。

漢方薬は長く使うことに意味がある

漢方薬は長く使うと多汗症やワキガに効果がある
漢方薬は長く付き合っていくもののワキガや多汗症に漢方薬が効果的とされていますが、もちろん漢方薬ですべて解決してしまえるという意味ではありません。それは西洋薬でも同様ですが、人により症状の程度が違うためどの程度効果が出るのかは変わってきます。

しかし、ワキガや多汗症が長期に渡って治療が必要な病気だということを理解すれば、漢方薬は体に負担なく続けられる治療になります。

ワキガや多汗症の治療や手術をしても臭いや汗を改善することのできなかった方は、医師や薬剤師とご相談してから漢方薬を使用するのも一つの方法となります。

消臭や汗を止める方法で即効性のある方法を試したい方は、ワキガクリームや汗予防ジェルなどを使用する方法がおすすめとなります。

人気記事BEST5

1
ワキガ対策クリームランキング【2017年】

私が実際に使った商品の中で一番「ワキガ臭」を抑えることのできたワキガ対策クリーム ...

2
クリアネオとノアンデを比較!

クリアネオとノアンデは現在もっとも人気のあるデオドラントクリーム。 どちらの商品 ...

3
クリアネオの効果や口コミを徹底検証!

現在大人気となってるワキガ対策クリーム「クリアネオ」を実際に購入してワキガ重度で ...

4
ノアンデの効果と私の口コミ!すそわきがにも使ってみた!

ワキガやすそわきがに悩む私が、ノアンデを実際に使って感じた消臭効果や使用感を紹介 ...

5
デオシークの効果が凄い!ワキガに使った口コミ体験談

2017年4月に新発売された体ワキガ対策クリーム「デオシーク」を実際に購入して使 ...

 - ワキガと多汗症, ワキガ予防