わきがは何科の病院に行けばいいの?どんな薬がもらえるの?

      2017/11/20

ワキガの病院私は「わきが」かもしれない...。と不安に思ったり、自分の子供がわきがかもしれない時「何科の病院に行けばいいの?」と疑問に思うことがありますよね。

結論から言うと、わきがは基本的に「皮膚科」で診察。その他2種類の病院で診察してもらうことが可能です。

わきがは何科の病院?診察してもらえる病院は3種類

  1. 皮膚科
  2. 形成外科
  3. 美容外科・美容形成外科

この3つの病院で診察することが可能ですが、何科(どこの)病院で診察するかでわきがの対処方法が異なります。「わきがは何科の病院でどのような診察や処置」をしてくれるのか?1づつ詳しく見てみましょう。

わきがを皮膚科の病院で診察する場合

皮膚科で診察した際の対応としては、塗り薬や飲み薬・石鹸を処方されることが一般的です。

まず初めに、皮膚科医が本当にわきがかどうか?をチェックします。チェック方法は直接臭いを嗅ぐ方法か、ガーゼなどで脇をふき取りそのガーゼの臭いを確認することで「わきがかどうか?」を判断します。
皮膚科医のワキガチェック方法
一見、非効率的なチェック方法に感じますが長年皮膚科医をしている医師の場合は少し臭いを嗅いだだけで、わきがかどうかを判断することが可能です。

その後、塩化アルミニウム成分の塗り薬や、皮膚上の菌を死滅させる石鹸を処方され、自宅でのケアを行うことが一般的です。皮膚科で診察する場合には、手術や治療をするのではなく塗り薬や飲み薬でのワキガ対策をしたい人におすすめです

皮膚科で処方されるわきが薬の種類

皮膚科で処方される薬にはどんなものがあるの?飲み薬と塗り薬もあるの?とった疑問や子供にも安心して使用できる薬なの?といった点を詳しく見てみましょう。

わきがの塗り薬

皮膚科で処方される塗り薬
塗り薬は市販ドラッグストアなどで販売されているデオドラントや制汗剤とは異なり、病院で処方してもらわなければ手に入れることのできないものです。

塩化アルミニウム

市販制汗剤の成分にも含まれていることがありますが、医療機関でも処方してもらえる塗り薬となります。汗の分泌を抑える働きがあり、汗で強烈になりがちな「わきが臭」を軽減する働きがあります。

しかし、わきが重度の方は満足いく消臭効果を実感できない可能性もあります。また皮膚の弱い子供やアトピーなどの方は使用すると肌荒れを起こしてしまう可能性もありますが、皮膚科医の指示に従って使用すれば問題ありません。

わきが軽度の方におすすめな塗り薬となります。

わきがの飲み薬

皮膚科で処方される飲み薬
わきがの飲み薬(内服薬)もあります。医療機関のみで処方してもらえる薬ですが、保険も適用されるため比較的安く手に入れることができます。

わきがの飲み薬は次のようなものがあります。

臭化プロパンテリン

保険適用が認められている抗コリン剤という種類の内服薬です。汗の分泌を抑えて臭いを軽減するといった目的の薬です。

わきがの人よりも多汗症に悩む方に処方されることが多い薬です。また、この薬には副作用があるため服用する際には担当医からの指示に従いましょう。大量に飲んだら効果がでる薬などではなので、しっかり医師の指示にしたがい適量を飲むようにしてください。

わきがに効く市販の塗り薬や飲み薬はあるの?

わきがの塗り薬や飲み薬は市販では販売されていません

市販ドラッグストアや薬局で購入できるわきが対策商品は制汗剤やクリームとなります。しかし、市販商品はワキガではなく汗の臭いを予防する商品なので強烈な臭いを抑えることは難しいんです。

チェックポイント

当サイトでイチオシしている、化粧水と薬の間に位置する医薬部外品であるクリアネオは子供でも安心して使用できるお肌に優しい薬用ワキガクリームで、消臭力が非常に強く消臭持続性も長いので小学生程度の子供~大人の強烈なワキガまでしっかりと臭いを抑えることができます
イソプロピルメチルフェノールとパラフェノールスルホン酸亜鉛という2つの有効消臭成分が配合されているため強い殺菌力と消臭力をもっていますが、お肌には優しいつくりになっているんです。また、美白効果のある成分や植物エキスなども配合されているので、消臭しながら脇の黒ずみや乾燥もしっかりと対策することが可能です。

わきがを形成外科・美容外科・美容形成外科で診察する場合

形成外科や美容外科でのワキガ治療と手術方法
形成外科・美容形成外科・美容外科での診察をする場合は、基本的に治療や手術を検討している方が診察するのに適している病院です。

皮膚科とは違い、薬や石鹸での対処ではなく皮膚を切開してわきがの原因であるアポクリン線を除去する手術や、ボトックス注射などで汗腺(汗のでる線)の働きを鈍らせて臭いを予防する治療を受けることができます。

手術の場合は剪除法(せんじょほう)のみ保険適用にて行うことができます。両脇で約5万円~となりますが、傷跡や痛み・固定期間のリスクがあるため安易に受けられる手術とは言えません。

また、治療は保険適用外となるため、治療を行うと約30万~50万円ほどの治療費が必要になってしまいます。

【施術方法】 再発リスク 保険適用 費用
皮弁法(剪除法) あり 可能 約3万円
ミラドライ治療法 あり 不可 約35万円
ビューホット治療法 あり 不可 約35万円
ボトックス治療法 あり 可能 約3万円
電気凝固法 あり 不可 約30万円

※↑施術方法をタップすると治療内容の詳細を見ることができます。

ワキガ対策の教科書から一言
当サイトでは、わきが手術や治療はおすすめしていません。
わきがはワキガ専用の消臭クリームを使用すれば臭いをしっかりと抑えることができますし、周りの人やすれ違った人に「わきが」とバレることもありません。本当に効果のあるワキガ薬用クリームを使用すれば脇を近くでクンクンしてもわきがの臭いがわからないほどに消臭できます!子供のように皮膚の弱いうちは、特に治療や手術はおすすめできません。
まずはクリアネオという厚生労働省が認可している「医薬部外品」を使用してみて、それでも本当に消臭力に満足いかないのであれば、手術や治療に踏み切るといった手順を取ることをおすすめしています。

【結論!】わきがは皮膚科で診察を受けよう

結論的に、子供も大人もどうしても医療機関でワキガの診察を受けたい方は「皮膚科」に行くことをおすすめします。

いきなり治療や手術を行ってしまうにはリスクが大きすぎますし、わきが手術や治療の知識が全くない状態で踏み切ってしまうと後戻りできない結末になる可能性もあります。

  • 治療により内出血がひどく黒く色素沈着してしまう
  • 手術の切開で傷跡が残る
  • わきが臭の再発
  • 脇の皮膚のツッパリ感

治療や手術にはこのようなリスクもあり、この他にも様々なリスクがあります。リスクを自分でも少し認識した上で不安なことを医師に相談して納得してから手術や治療に踏み切った方が後悔する可能性を少なくできます。

もちろん、わきが手術や治療で人生が変わった!と喜ぶ方もいますが、その反面で傷跡や臭い再発で死ぬほど後悔している人もいます。わきが手術は医師の腕によっても左右される施術方法なので本気で手術すると決めたのならそれなりの覚悟や知識が必要になります。

わきが手術や治療をする場合はクリニックへ

どうしても、わきが治療や手術を行うと決心している場合は、形成外科・美容外科・美容形成外科に行くことをおすすめします。

美容外科や形成外科・美容形成外科などの医師は基本的にキャリアが豊富で手術経験の多い医師が在籍していることが多くなっています。

しかし、中にはあまり技術のない医師もいるためカウンセリングの段階からしっかりと詳しくリスクなどについて説明してくれるか?自分の不安をしっかりと取り除いてくれるか?といった点に注意しておくと手術後に後悔することを防げる確率が上がります。

自分の質問や不安点をカウンセリングの段階で解決してくれないような医師には絶対に手術や治療をしてもらわないようにしましょう。後悔するのは自分です。

もっとも手軽にリスクなくワキガを対策できる方法は、やっぱりワキガ薬用クリームを使うことです。皮膚表面のワキガ菌の繁殖を防ぎ瞬時に殺菌してくれるので長時間ニオイが抑えられますし、化粧水のようにお肌にも優しいです。

人気記事BEST5

1
ワキガ対策クリームランキング【2017年】

私が実際に使った商品の中で一番「ワキガ臭」を抑えることのできたワキガ対策クリーム ...

2
クリアネオとノアンデを比較!

クリアネオとノアンデは現在もっとも人気のあるデオドラントクリーム。 どちらの商品 ...

3
クリアネオの効果や口コミを徹底検証!

現在大人気となってるワキガ対策クリーム「クリアネオ」を実際に購入してワキガ重度で ...

4
ノアンデの効果と私の口コミ!すそわきがにも使ってみた!

ワキガやすそわきがに悩む私が、ノアンデを実際に使って感じた消臭効果や使用感を紹介 ...

5
デオシークの効果が凄い!ワキガに使った口コミ体験談

2017年4月に新発売された体ワキガ対策クリーム「デオシーク」を実際に購入して使 ...

 - ワキガ予防